[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
c1hat1.jpg
600×400、 146.8KB
食のテーマ土の中の力持ち「芋」蜂の巣形のコロッケ 蜂巣芋角(中国)
蜂の巣形のコロッケ
芋生地で豚肉とエビの具を包んで揚げた中国風コロッケ。蜂の巣のように小さな穴が一面にあいているのが特徴。生地中のラードが油の中に溶け出して芋を引っ張り、表面が蜂の巣のようになる。レシピは関連資料に有り。
関連資料
c1hat1g1.htm
食のテーマ土の中の力持ち「芋」蜂の巣形のコロッケ 蜂巣芋角(中国) 蜂の巣形のコロッケ
蜂の巣形のコロッケの作り方
関連資料
c1hat1g2.jpg
食のテーマ土の中の力持ち「芋」蜂の巣形のコロッケ 蜂巣芋角(中国) 蜂の巣形のコロッケ
この料理が有名な地方
関連資料
c1hat1g3.jpg
食のテーマ土の中の力持ち「芋」蜂の巣形のコロッケ 蜂巣芋角(中国) 蜂の巣形のコロッケ
蜂の巣形のコロッケの中国語

動画
c1hat2.mpg
320×240、 2.86MB

食のテーマ
土の中の力持ち「芋」蜂の巣形のコロッケ 蜂巣芋角(中国)
浮き粉に熱湯を加えて練る
小麦粉でんぷんの浮き粉は熱湯を加えて細い麺棒か箸で手早くかき混ぜないとつながらない。片栗粉で生地に粘りを加える。
関連資料
c1hat2g1.jpg
食のテーマ土の中の力持ち「芋」蜂の巣形のコロッケ 蜂巣芋角(中国) 浮き粉に熱湯を加えて練る
「浮き粉に熱湯を加えて練る」の1シーン
関連資料
c1hat2g2.jpg
食のテーマ土の中の力持ち「芋」蜂の巣形のコロッケ 蜂巣芋角(中国) 浮き粉に熱湯を加えて練る
「浮き粉に熱湯を加えて練る」の1シーン
関連資料
c1hat2g3.jpg
食のテーマ土の中の力持ち「芋」蜂の巣形のコロッケ 蜂巣芋角(中国) 浮き粉に熱湯を加えて練る
「浮き粉に熱湯を加えて練る」の1シーン

動画
c1hat3.mpg
320×240、 2.81MB

食のテーマ
土の中の力持ち「芋」蜂の巣形のコロッケ 蜂巣芋角(中国)
他の材料を加えて生地を作る
熱湯で練った澱粉に、つぶした芋を合わせて練り、アンモニアパウダー、五香粉を加えて混ぜる。アンモニアパウダーは膨張剤の役目、多すぎると苦みがあり、臭みが残る。混合香辛料の五香粉で、香りをつける。
関連資料
c1hat3g1.jpg
食のテーマ土の中の力持ち「芋」蜂の巣形のコロッケ 蜂巣芋角(中国) 他の材料を加えて生地を作る
「他の材料を加えて生地を作る」の1シーン
関連資料
c1hat3g2.jpg
食のテーマ土の中の力持ち「芋」蜂の巣形のコロッケ 蜂巣芋角(中国) 他の材料を加えて生地を作る
「他の材料を加えて生地を作る」の1シーン
関連資料
c1hat3g3.jpg
食のテーマ土の中の力持ち「芋」蜂の巣形のコロッケ 蜂巣芋角(中国) 他の材料を加えて生地を作る
「他の材料を加えて生地を作る」の1シーン

静止画
c1hat4.jpg
600×400、 156.7KB
食のテーマ土の中の力持ち「芋」蜂の巣形のコロッケ 蜂巣芋角(中国)
具をバットに広げて冷ます
炒めた具をバットに広げて冷ます。エビはぱさぱさしているので、豚背脂と組み合わせることが多い。冷めると豚背脂が固まるので包みやすくなる。

動画
c1hat5.mpg
320×240、 2.49MB

食のテーマ
土の中の力持ち「芋」蜂の巣形のコロッケ 蜂巣芋角(中国)
具をのせて包む
碗形にのばした生地に餡をのせる。揚げた時に皮の口が開いて具がでないように親指と人差し指で挟んでしっかり口を閉じる。
関連資料
c1hat5g1.jpg
食のテーマ土の中の力持ち「芋」蜂の巣形のコロッケ 蜂巣芋角(中国) 具をのせて包む
「具をのせて包む」の1シーン
関連資料
c1hat5g2.jpg
食のテーマ土の中の力持ち「芋」蜂の巣形のコロッケ 蜂巣芋角(中国) 具をのせて包む
「具をのせて包む」の1シーン
関連資料
c1hat5g3.jpg
食のテーマ土の中の力持ち「芋」蜂の巣形のコロッケ 蜂巣芋角(中国) 具をのせて包む
「具をのせて包む」の1シーン

静止画
c1hat6.jpg
600×400、 183.7KB
食のテーマ土の中の力持ち「芋」蜂の巣形のコロッケ 蜂巣芋角(中国)
網杓子に並べて油に入れる
直接油に入れると生地の底が焦げつくので、網杓子に離して並べ、そのまま油の中に入れる。油の温度が低いと生地が油の中で散ってしまい、高すぎると生地の表面がそのままかたまってしまう。

静止画
c1hat7.jpg
600×400、 184.9KB
食のテーマ土の中の力持ち「芋」蜂の巣形のコロッケ 蜂巣芋角(中国)
生地に穴があいたらとりだす
アンモニアパウダーの作用で生地が膨張し、ラードが油の中に溶け出し、芋の生地が糸をひき、蜂の巣のような穴があく。