[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
c1knt1.jpg
600×400、 106.0KB
食のテーマ世界最古の農作物「豆」金時豆の煮物(日本)
金時豆の煮物
金時豆は、数あるいんげん豆の中のひとつ。ふっくらとやわらかく、甘く煮た煮豆は、はし休めの一品としてよろこばれる。レシピは関連資料に有り。
関連資料
c1knt1g1.htm
食のテーマ世界最古の農作物「豆」金時豆の煮物(日本) 金時豆の煮物
金時豆の煮物の作り方

静止画
c1knt2.jpg
600×400、 127.2KB
食のテーマ世界最古の農作物「豆」金時豆の煮物(日本)
悪い状態の豆を除く
金時豆は使う前に、傷やしわ、虫くいがあったり、割れているものは除く。また、この後、水につけたときに浮いてきたものも取り除く。よい豆(左)、悪い豆(右)。

静止画
c1knt3.jpg
600×400、 133.4KB
食のテーマ世界最古の農作物「豆」金時豆の煮物(日本)
豆を水につける
金時豆は乾燥しているので、あらかじめ水を吸収させてからゆではじめる。

動画
c1knt4.mpg
320×240、 2.85MB

食のテーマ
世界最古の農作物「豆」金時豆の煮物(日本)
豆をゆでる
強火でグラグラ煮立てると、金時豆の形がくずれてしまうので、湯の表面全体がフツフツいうくらいの、弱い火加減で煮るとよい。
関連資料
c1knt4g1.jpg
食のテーマ世界最古の農作物「豆」金時豆の煮物(日本) 豆をゆでる
「豆をゆでる」の1シーン
関連資料
c1knt4g2.jpg
食のテーマ世界最古の農作物「豆」金時豆の煮物(日本) 豆をゆでる
「豆をゆでる」の1シーン

動画
c1knt5.mpg
320×240、 2.53MB

食のテーマ
世界最古の農作物「豆」金時豆の煮物(日本)
豆のやわらかさを確かめる
金時豆を水からゆでて、豆を指ではさんでつぶせるくらいにやわらかくなったら、砂糖を加えて味つけする。
関連資料
c1knt5g1.jpg
食のテーマ世界最古の農作物「豆」金時豆の煮物(日本) 豆のやわらかさを確かめる
「豆のやわらかさを確かめる」の1シーン
関連資料
c1knt5g2.jpg
食のテーマ世界最古の農作物「豆」金時豆の煮物(日本) 豆のやわらかさを確かめる
「豆のやわらかさを確かめる」の1シーン

動画
c1knt6.mpg
320×240、 2.91MB

食のテーマ
世界最古の農作物「豆」金時豆の煮物(日本)
砂糖を3回に分けて加える
豆を甘く煮るときは、豆の重さと同じくらいかそれ以上の量の砂糖で味をつける。それだけ多くの砂糖を一度にすべて加えてしまうと、豆にしわが寄り、かたくなる。そのため、煮る途中で3回くらいに分けて砂糖を加える。
関連資料
c1knt6g1.jpg
食のテーマ世界最古の農作物「豆」金時豆の煮物(日本) 砂糖を3回に分けて加える
「砂糖を3回にわけて加える」の1シーン
関連資料
c1knt6g2.jpg
食のテーマ世界最古の農作物「豆」金時豆の煮物(日本) 砂糖を3回に分けて加える
「砂糖を3回にわけて加える」の1シーン
関連資料
c1knt6g3.jpg
食のテーマ世界最古の農作物「豆」金時豆の煮物(日本) 砂糖を3回に分けて加える
「砂糖を3回にわけて加える」の1シーン
関連資料
c1knt6g4.htm
食のテーマ世界最古の農作物「豆」金時豆の煮物(日本) 砂糖を3回に分けて加える
砂糖を分けて加える理由

静止画
c1knt7.jpg
600×400、 136.8KB
食のテーマ世界最古の農作物「豆」金時豆の煮物(日本)
塩を加える
塩を少量加える。甘味に塩味がわずかに加わると、今まで以上の甘味に感じる。これを味の対比効果という。すいかに塩をふると甘みが増すのと同様。また、煮豆の場合は、塩によって全体の味を引きしめるのも目的である。