< 食のテーマ-鶏竜田揚げ(日本)

[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
c1tat1.jpg
600×400、 90.8KB
食のテーマ身近な食肉「鶏」鶏竜田揚げ(日本)
鶏竜田揚げ
竜田揚げとは、とり肉をしょうゆなどで味つけして揚げた色を、紅葉に見立て、紅葉の名所である、奈良県北西部の竜田川にちなんでつけられた名である。竜田川の紅葉の美しさは、古くは在原業平の和歌にもよまれている。レシピは関連資料に有り。
関連資料
c1tat1g1.htm
食のテーマ身近な食肉「鶏」鶏竜田揚げ(日本) 鶏竜田揚げ
鶏竜田揚げの作り方

動画
c1tat2.mpg
320×240、 2.83MB

食のテーマ
身近な食肉「鶏」鶏竜田揚げ(日本)
とり肉の筋を切る
とりもも肉には筋があり、火を通すと筋の部分が大きく縮み、それに引っ張られるようにしてまわりの肉も縮んでかたくなる。あらかじめ、包丁の刃元でたたいて筋を切っておくと、縮みにくくなり、やわらかく仕上がる。
関連資料
c1tat2g1.jpg
食のテーマ身近な食肉「鶏」鶏竜田揚げ(日本) とり肉の筋を切る
「とり肉の筋を切る」の1シーン
関連資料
c1tat2g2.jpg
食のテーマ身近な食肉「鶏」鶏竜田揚げ(日本) とり肉の筋を切る
「とり肉の筋を切る」の1シーン

静止画
c1tat3.jpg
600×400、 102.8KB
食のテーマ身近な食肉「鶏」鶏竜田揚げ(日本)
とり肉を切り分ける
とり肉はやや小さめの一口大に切る。みりんやしょうゆで味つけした肉を揚げるとこげやすい。そのため、大きく切ってしまうと、中心まで火が通る前にこげてしまうおそれがある。

動画
c1tat4.mpg
320×240、 2.86MB

食のテーマ
身近な食肉「鶏」鶏竜田揚げ(日本)
つけ汁を作り、とり肉をつける
つけ汁の酒、しょうゆ、みりんの比率は1:1:2。しょうがのしぼり汁は肉のくせをやわらげ、味のアクセントになる。ゆずは香りをつけるために加える。
関連資料
c1tat4g1.jpg
食のテーマ身近な食肉「鶏」鶏竜田揚げ(日本) つけ汁を作り、とり肉をつける
「つけ汁を作り、とり肉をつける」の1シーン
関連資料
c1tat4g2.jpg
食のテーマ身近な食肉「鶏」鶏竜田揚げ(日本) つけ汁を作り、とり肉をつける
「つけ汁を作り、とり肉をつける」の1シーン
関連資料
c1tat4g3.jpg
食のテーマ身近な食肉「鶏」鶏竜田揚げ(日本) つけ汁を作り、とり肉をつける
「つけ汁を作り、とり肉をつける」の1シーン

静止画
c1tat5.jpg
600×400、 136.0KB
食のテーマ身近な食肉「鶏」鶏竜田揚げ(日本)
とり肉に片栗粉をまぶす
とり肉に片栗粉をまぶすと、小麦粉をまぶすよりも表面がカリッと揚げ上がる。やわらかい口当たりにしたいときは、小麦粉に代えてもよい。

動画
c1tat6.mpg
320×240、 2.59MB

食のテーマ
身近な食肉「鶏」鶏竜田揚げ(日本)
揚げ油の温度を確かめる
とり肉を竜田揚げにするとき、揚げ油が160℃になっているかを確認するには、とり肉の切れ端を油に入れてみる。肉の切れ端が鍋底に沈み、そのまわりから細かい泡が出てくるくらいが適温である。
関連資料
c1tat6g1.jpg
食のテーマ身近な食肉「鶏」鶏竜田揚げ(日本) 揚げ油の温度を確かめる
「揚げ油の温度を確かめる」の1シーン
関連資料
c1tat6g2.jpg
食のテーマ身近な食肉「鶏」鶏竜田揚げ(日本) 揚げ油の温度を確かめる
「揚げ油の温度を確かめる」の1シーン
関連資料
c1tat6g3.htm
食のテーマ身近な食肉「鶏」鶏竜田揚げ(日本) 揚げ油の温度を確かめる
てんぷら衣を使った油の温度確認

静止画
c1tat7.jpg
600×400、 150.0KB
食のテーマ身近な食肉「鶏」鶏竜田揚げ(日本)
とり肉を揚げる
とり肉を油に入れたばかりのときは、とり肉から水分が出て、まわりに泡がたくさん出る。その泡が少なくなって、パチパチという音が小さくなり、こうばしい揚げ色がついたら揚げ上がり。取り出したらしっかり油をきる。