[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
f1shi1.jpg
600×400、 131.7KB
身のまわりの植物日陰や湿った所の植物2シラン
シラン
本州の中部以西,四国,九州の日の当たる草地,湿原,崖などに自生する。ラン科シラン属。多年草。花期は4月〜5月。高さ30〜60センチメートルの茎に,紅紫色(まれに白色)の花をつける。(著作権者:IPA 情報処理振興事業協会)

静止画
f1shi2.jpg
600×400、 160.6KB
身のまわりの植物日陰や湿った所の植物2シラン
シランの花
シランの花。翼を広げた鳥のような形の花が穂状につく。花茎の上部に紅紫色(まれには白色)の花を,3〜7個つける。大きさは3センチメートルほど。花はがく片と側花弁と唇弁を持つ。(著作権者:IPA 情報処理振興事業協会)

静止画
f1shi3.jpg
600×400、 101.1KB
身のまわりの植物日陰や湿った所の植物2シラン
シランの葉
シランの葉。長さ20〜30センチメートル,幅2〜5センチメートルほどで,平行脈が何本もあり,葉縁は全縁である。4〜5枚根生している。先がとがっていて,もとの部分はさや状で,茎の部分を抱き込んでいる。(著作権者:IPA 情報処理振興事業協会)