[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
f10251.jpg
600×400、 242.1KB
身のまわりの植物山地や雑木林などに生えるミミガタテンナンショウ
ミミガタテンナンショウ
山野の林のへりや藪かげに生える。多年草。サトイモ科。花の時期は4月から5月。分布は本州,四国。天南星(テンナンショウ)は中国名である。(著作権者:IPA 情報処理振興事業協会)

静止画
f10252.jpg
600×400、 212.2KB
身のまわりの植物山地や雑木林などに生えるミミガタテンナンショウ
ミミガタテンナンショウの仏炎ほう
ミミガタテンナンショウの花。花が耳たぶの形に見えることからこの名前が付いた。花が先に咲き,その後葉が開く。(著作権者:IPA 情報処理振興事業協会)

静止画
f10253.jpg
600×400、 177.2KB
身のまわりの植物山地や雑木林などに生えるミミガタテンナンショウ
ミミガタテンナンショウの葉
ミミガタテンナンショウの葉。草丈は30〜60センチメートル。葉は2個,小葉は7〜11個,長楕円形。不規則にきょ歯がある。(著作権者:IPA 情報処理振興事業協会)