[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
i1s011.jpg
600×400、 233.8KB
体育(球技)サッカー1(歴史と特性):静止画サッカーについて
サッカーの始まり
紀元前における中国の蹴鞠、古代ギリシャのペニダ、古代ローマのハルパストム、北アメリカの原住民による木製のボール遊び、南アメリカ原住民によるゴム製のボール遊び等があげられています。(図は伊・カルチョ)

静止画
i1s012.jpg
600×400、 149.2KB
体育(球技)サッカー1(歴史と特性):静止画サッカーについて
サッカーのボール
ボールは球形で、皮革または他の適切な材質で、外周68−70cm、重さは試合が始まる時に410−450g、空気圧は海面の高さで0.6−1.1気圧と決められています。

静止画
i1s013.jpg
600×400、 189.4KB
体育(球技)サッカー1(歴史と特性):静止画サッカーについて
サッカーのゴール
ゴールの大きさは縦(グランドからクロスバーの高さ)2.44m、横(ポストとポストの間)7.32mで、それぞれゴールラインの中央に置かれます。

静止画
i1s014.jpg
400×600、 50.6KB
体育(球技)サッカー1(歴史と特性):静止画サッカーについて
フィールドについて
フィールドは長方形で、タッチラインの長さはゴールラインの長さより長くなければなりません。タッチラインは90−120m、ゴールラインは45−90mです。