[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
i1t021.jpg
600×400、 61.0KB
体育(球技)テニス1-歴史と特徴:静止画テニスの基本用語
テニスとは
テニスとは、ネットをはさんで、ラケットでボールを区画されたコート内に打ち合うスポーツ種目です。試合では、1対1で行うシングルスと2対2で行うダブルスがあります。

静止画
i1t022.jpg
600×400、 187.0KB
体育(球技)テニス1-歴史と特徴:静止画テニスの基本用語
グラウンド・ストローク
一度、コートにバウンドしたボールを打球する技術で、利き腕側で打つフォアハンドストロークと非利き腕側で打つバックハンドストロークとがあります。バックハンドは、最近は両手で打つことが多くなってきています。

静止画
i1t023.jpg
600×400、 65.0KB
体育(球技)テニス1-歴史と特徴:静止画テニスの基本用語
サーブ
サーブとは、ゲームの始めに行われる技術です。自分でトスを上げて、対角線上の相手のサービスコートに入れるもので、2本のチャンスがあります。1本目はファーストサーブ、2本目はセカンドサーブと言います。

静止画
i1t024.jpg
600×400、 62.0KB
体育(球技)テニス1-歴史と特徴:静止画テニスの基本用語
ボレー
ボレーとは、通常、ネット付近で、ノーバウンドでボールを返球する技術のことを言います。相手からのボールの高さによって、ハイ、ミドル、ローに分けられ、ショートバウンド気味で打つ、ハーフボレーもあります。

静止画
i1t025.jpg
600×400、 165.8KB
体育(球技)テニス1-歴史と特徴:静止画テニスの基本用語
スマッシュ
スマッシュは、ネットに位置したときに、相手から高く返球されたボールに対してオーバーヘッドで打つ技術で、サーブ動作とよく似ています。前後へのフットワークによって、落下地点へ移動することも大切です。