[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
i1t011.jpg
600×400、 173.7KB
体育(球技)テニス1-歴史と特徴:静止画テニスの歴史と特性
テニスの始まり1(原型)
11世紀にフランスの修道院で考案されたジュドポームという手のひらを使ったゲームが、テニスの原型だと言われています。手のひらやグローブをはめた手で、王侯貴族階級を中心に流行していました。

静止画
i1t012.jpg
600×400、 186.2KB
体育(球技)テニス1-歴史と特徴:静止画テニスの歴史と特性
テニスの始まり2(16世紀)
16世紀に入ると、ポームはますます盛んになり、手のひらに代わりラケットが使われるようになりました。1505年に初めての国際試合が行なわれ、各地では専用コートが建設されました。

静止画
i1t013.jpg
400×600、 132.2KB
体育(球技)テニス1-歴史と特徴:静止画テニスの歴史と特性
テニスの始まり3(近代)
1873年、イギリスのウォルター・ウイングフィールド少佐が、ローンテニスと名づけたパンフレットを発表し、ローンテニスのコートやルール、用具などを整理統一しました。近代テニスの創始者と言われています。

静止画
i1t014.jpg
400×600、 163.0KB
体育(球技)テニス1-歴史と特徴:静止画テニスの歴史と特性
テニスの競技史のはじまり
図はウイングフィールド少佐が考案したローンテニスの試合風景です。その後、1877年には第1回ウィンブルドン大会が開催されました。

静止画
i1t015.jpg
400×600、 121.1KB
体育(球技)テニス1-歴史と特徴:静止画テニスの歴史と特性
ラケットの変遷
時代とともにラケットの素材も素手から皮ひも、手袋、打具のように発展し、特に19世紀に入ってからの自転車産業の発展は、ゴムや鉄の加工を容易にし、近代テニスの発展におおいに関わっています。