[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
y-kkn1.jpg
600×400、 150.1KB
匠の技と心金工金工入門
鏡の歴史
紀元前2000年頃に中国で生まれた銅鏡は、弥生時代に祭祀の道具として輸入された。平安時代には日本独自の製法と様式が成立し和鏡とよばれ、化粧道具として普及した。
関連資料
y-kkn1e.txt
匠の技と心金工金工入門 鏡の歴史
英語の説明文

静止画
y-kkn2.jpg
600×400、 99.2KB
匠の技と心金工金工入門
刀の歴史
日本刀の形式が成立したのは平安後期で、鎌倉時代には名刀工が輩出した。武器ながら刀身の美やこしらえの刀装金具・鞘塗り(さやぬり)の漆装飾が鑑賞され、現在も美術工芸品として愛好者も多い。
関連資料
y-kkn2e.txt
匠の技と心金工金工入門 刀の歴史
英語の説明文

静止画
y-kkn3.jpg
600×400、 173.5KB
匠の技と心金工金工入門
玉鋼(たまはがね)
日本独自の玉鋼という和鉄を鍛練して、しなやかで剛健な刀身がつくられる。玉鋼は「たたら」という製鉄炉で作られる。砂鉄を木炭で燃焼させるたたら吹き製鉄も古代から伝承されている。
関連資料
y-kkn3e.txt
匠の技と心金工金工入門 玉鋼(たまはがね)
英語の説明文

静止画
y-kkn4.jpg
600×400、 135.6KB
匠の技と心金工金工入門
彫金(ちょうきん)
金属の表面に鏨(たがね)で彫ったり、鎚(つち)で打ち出して文様を表現する技法。線彫や高肉彫(たかにくぼり)、象嵌(ぞうがん)など室町時代に開花した刀装金工によって多彩な技法が確立した。
関連資料
y-kkn4e.txt
匠の技と心金工金工入門 彫金(ちょうきん)
英語の説明文

静止画
y-kkn5.jpg
600×400、 148.5KB
匠の技と心金工金工入門
鍛金(たんきん)
金属の塊や板を打ち叩き器物を成形する技法。鉄の塊を熱して鎚で打つ日本刀も鍛金のひとつ。鍛金の技法としては、一枚の板から器を打ち出す鎚器(ついき)、金属板を折り曲げて鑞(ろう)づけする板金などがある。
関連資料
y-kkn5e.txt
匠の技と心金工金工入門 鍛金(たんきん)
英語の説明文

静止画
y-kkn6.jpg
600×400、 137.0KB
匠の技と心金工金工入門
鋳金(ちゅうきん)
「湯(ゆ)」と呼ばれる高温で溶かした金属を鋳型(いがた)に流し込んで冷やし、固めて成形する技法。自由な成形が可能で、寺院の梵鐘(ぼんしょう)、茶の湯の茶釜、鉄瓶、和鏡などが鋳金で製作される。
関連資料
y-kkn6e.txt
匠の技と心金工金工入門 鋳金(ちゅうきん)
英語の説明文

静止画
y-kkn7.jpg
600×400、 144.5KB
匠の技と心金工金工入門
鋳型(いがた)
鋳金で器物を成形する型を鋳型(いがた)という。川砂や粘土を混ぜた土でつくる。「湯」が滞らないように表面を滑らかに仕上げ、鋳込み(いこみ)の前には、鋳物と鋳型の型が離れやすいよう油煙(ゆえん)をかける。
関連資料
y-kkn7e.txt
匠の技と心金工金工入門 鋳型(いがた)
英語の説明文

静止画
y-kkn8.jpg
600×400、 160.3KB
匠の技と心金工金工入門
箆(へら)押し
鋳金で表面に文様を表現するときは、鋳型の外型の内側に下絵を裏返して貼りつけ、篦(へら)や棒で押して、文様をかたどる。職人の腕の見せ所で、使いやすい篦を自分でつくる場合が多い。
関連資料
y-kkn8e.txt
匠の技と心金工金工入門 箆(へら)押し
英語の説明文