[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
y-jdk1.jpg
600×400、 140.0KB
匠の技と心金工上代飾金具製作修理(金江宗観)
本人紹介
金江宗観(かなえ・そうかん 1908〜)。東大寺所蔵の金工品をはじめ、桂離宮の飾金具の修理に携わる。また、伝統的な、襖の引手、取手、釘隠しなどの金具製作を行う。

静止画
y-jdk2.jpg
600×400、 130.0KB
匠の技と心金工上代飾金具製作修理(金江宗観)
枠を切る
木瓜(もっこう)型の襖の引手(銅製)を製作する。銅板にコンパスで罫描き(切り取り線)を入れ、鋏で引手の枠となる板を切り出す。この木瓜とは、家紋にもよく用いられる日本古来の文様。中国から伝わった、鳥の巣の形という説がある。

動画
y-jdk3.mpg
352×240、 2.16MB

匠の技と心
金工上代飾金具製作修理(金江宗観)
枠を鑞(ろう)づけする
枠の両端を合金で溶接する。このことを鑞づけという。接合部に鑞を置いて火であぶり、鑞がパッと光り、溶けたら直ちに希硫酸につけ、固定する。鑞とは、金・銀・銅・真鍮などの合金で、金鑞や銀鑞など様々な種類がある。

静止画
y-jdk4.jpg
600×400、 139.6KB
匠の技と心金工上代飾金具製作修理(金江宗観)
枠の型づけ
様々な工具を用い、円形の枠を木瓜(もっこう)型に整形する。

静止画
y-jdk5.jpg
600×400、 141.8KB
匠の技と心金工上代飾金具製作修理(金江宗観)
枠型
木瓜型に整形された枠型。

静止画
y-jdk6.jpg
600×400、 126.9KB
匠の技と心金工上代飾金具製作修理(金江宗観)
枠と天板の鑞(ろう)づけ
枠と天板を鑞で溶接する。

静止画
y-jdk7.jpg
600×400、 129.8KB
匠の技と心金工上代飾金具製作修理(金江宗観)
枠の加工
枠や天板の縁を、内外ともに金鑢(かなやすり)で美しく仕上げる。枠縁を削り落として凸部を形づくる。

静止画
y-jdk8.jpg
600×400、 139.0KB
匠の技と心金工上代飾金具製作修理(金江宗観)
小座と枠をあわせる
天板の下に、小座(菊座)と呼ばれる薄い飾り板をかみ合わせて、装飾する。

静止画
y-jdk9.jpg
600×400、 140.8KB
匠の技と心金工上代飾金具製作修理(金江宗観)
燻し(いぶし)による色つけ
引手は燻しによる着色を行う。杉の葉を燃やした煙で燻し、さらに火で杉の葉の脂(やに)を焼きつける。この工程を繰り返し、色艶よく仕上げる。

静止画
y-jdka.jpg
600×400、 167.9KB
匠の技と心金工上代飾金具製作修理(金江宗観)
完成作品
木瓜型引手の完成。シンプルな造形ながら、燻した銅の風合いと、菊座などによって重厚な雰囲気に仕上げられた。

静止画
y-jdkb.jpg
600×400、 149.7KB
匠の技と心金工上代飾金具製作修理(金江宗観)
作品紹介1
「結紐引手」。桂離宮の襖に使用されている引手を写したもの。たおやかな組紐の質感が、室町時代の雅な風格を一層引き立てる。

静止画
y-jdkc.jpg
600×400、 132.0KB
匠の技と心金工上代飾金具製作修理(金江宗観)
作品紹介2
正倉院御物の写し、「柄香炉(えごうろ)」。精緻な加飾を寸分違わず再現している。

静止画
y-jdkd.jpg
600×400、 146.6KB
匠の技と心金工上代飾金具製作修理(金江宗観)
唐鞍(からくら)
東大寺に眠っていた奉納品の鞍「唐鞍」の修復も手掛けた。写真は、寺に残る記録を元に、鞍の装飾金具を写したもの。

動画
y-jdke.mpg
352×240、 2.37MB

匠の技と心
金工上代飾金具製作修理(金江宗観)
コメント
古い金具の修理は、様々な技法と知識がなければできないと金江さん。「お手本があるため難しい」と、優れた古作をまねながら修理することの難しさを語る。

静止画
y-jdk.jpg
600×400、 54.8KB
匠の技と心金工上代飾金具製作修理(金江宗観)
紹介画像一覧
ここで紹介されている画像の一覧。