[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
m1ke1.jpg
600×400、 22.0KB
谷根川のさけに学ぶ水産業近海の魚(大型種)
ブリ
沿岸性の回遊魚。産卵は2〜6月で分離浮遊卵を産む。稚魚は流れ藻について生活し、この時期をモジャコといい養殖種苗として捕獲される。出世魚で関東ではモジャコ→ワカシ→イナダ→ワラサ→ブリと名前が変わる。

静止画
m1ke2.jpg
600×400、 102.2KB
谷根川のさけに学ぶ水産業近海の魚(大型種)
クロダイ
河口域、内湾、沿岸の岩礁地帯に広く分布し、塩分や水温など環境の変化に強い。産卵は春〜夏で分離浮遊卵を産む。卵は約2日でふ化する。稚魚は最初、全てがオスになり翌年に性転換してメスになる。

静止画
m1ke3.jpg
600×400、 83.0KB
谷根川のさけに学ぶ水産業近海の魚(大型種)
ヒラメ
産卵期は春で分離浮遊卵を産む。ふ化仔魚は普通の魚と同じように眼があるが、体長約10mmで右眼が左へ移動し始め眼が移動し終る少し前に着底する。両眼が身体の左側にあることでカレイと区別できる。肉食性。

静止画
m1ke4.jpg
600×400、 87.8KB
谷根川のさけに学ぶ水産業近海の魚(大型種)
スズキ
冬期は深場で越冬し、春〜秋は内湾や河口域で生活する。ブリと並ぶ出世魚でセイゴ→フッコ→スズキ(50cm以上)と名前が変わる。身は白くすすぎ洗いしたように美しいことからその名がついたといわれる。

静止画
m1ke5.jpg
600×400、 76.3KB
谷根川のさけに学ぶ水産業近海の魚(大型種)
マダイ
産卵期は3〜6月で分離浮遊卵を産む。卵は海面を漂い約3日でふ化する。長生きで20年以上生きるものもあり体長は1mを超える。柏崎では周年漁獲され水揚量は新潟県で1位。チダイに似るが尾びれの後端が黒い。