[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
m1bb1.jpg
600×400、 77.5KB
谷根川のさけに学ぶ谷根川周辺の生物さけの仲間以外の魚1
アユ
秋に河口域で産卵し、粘着性の卵を川底の石に産み付ける。ふ化仔魚は海に降って約半年間を沿岸域で過ごす。春になると河川に遡上して、なわばりを作って岩に付着した付着藻類を食べる。湖に棲むものもある。

静止画
m1bb2.jpg
600×400、 79.5KB
谷根川のさけに学ぶ谷根川周辺の生物さけの仲間以外の魚1
アユ(ジャンプシーン)
春、海で生活していた稚アユが川を遡上するシーン。谷根川では5月上旬から6月上旬まで観られる。

静止画
m1bb3.jpg
600×400、 64.6KB
谷根川のさけに学ぶ谷根川周辺の生物さけの仲間以外の魚1
ウグイ
産卵期は6〜7月で、群れて砂礫中に卵を産み付ける。オスは下腹に赤い縞模様が現れる。雑食性でサケの卵なども良く食べる。ヤマメなどと同様に河川型と降海型がある。他の魚が棲めない強酸性の湖にも生息する。

静止画
m1bb4.jpg
600×400、 68.8KB
谷根川のさけに学ぶ谷根川周辺の生物さけの仲間以外の魚1
アブラハヤ
ウロコが小さく体表がぬるぬるしている。ウグイより小型で体長10cm前後のものが多い。本州のみに分布し、冷たい水を好む。ウグイと同様に砂礫中に卵を産み付ける。ふ化は約1週間で降海はしない。雑食性。

静止画
m1bb5.jpg
600×400、 76.3KB
谷根川のさけに学ぶ谷根川周辺の生物さけの仲間以外の魚1
コイ
ほぼ全世界に分布する。産卵期は5〜6月頃で水草などに卵を産み付ける。産卵数は20〜60万粒と非常に多く3〜6日でふ化する。食用魚で休耕田やため池で養殖されている。長生きで寿命は20年〜30年。雑食性。

静止画
m1bb6.jpg
600×400、 70.5KB
谷根川のさけに学ぶ谷根川周辺の生物さけの仲間以外の魚1
ギンブナ
コイと似ているがヒゲがない。日本全国に分布するが、オスが非常に少なく他の魚の精子でも受精して、オス親の遺伝子を受継ぐことなくメスのフナが生まれる。これを雌性発生という。産卵期は、コイより約1ヶ月早い。

静止画
m1bb7.jpg
600×400、 83.1KB
谷根川のさけに学ぶ谷根川周辺の生物さけの仲間以外の魚1
シマドジョウ
河川の中流〜下流にかけて水底の砂礫域に生息し、しばしば砂に潜り込む。体側に黒い円形の斑紋がある。ヒゲは6本。産卵期には体色が飴色を帯び透明感が増す。一般的にオスよりメスの方が大型となる。