[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
m-ykb1.jpg
600×400、 34.0KB
和楽器吹く楽器笛(ふえ)のかたち
楽器 横笛のかたち(能管/のうかん)
能管は7つの指孔がある横笛です。指孔と歌口(うたぐち:息を吹き込む孔)の周囲および管の内側には朱色の漆(うるし)が塗られ、その他の部分は糸状にした桜や籐(とう)の樹皮で巻き黒い漆が塗られています。
関連資料
m-ykb1g1.txt
和楽器吹く楽器笛(ふえ)のかたち 楽器 横笛のかたち(能管/のうかん)
この画像に関連する能管の構造についての詳細説明文
関連資料
m-ykb1e.txt
和楽器吹く楽器笛(ふえ)のかたち 楽器 横笛のかたち(能管/のうかん)
英語の説明文

静止画
m-ykb2.jpg
600×400、 29.3KB
和楽器吹く楽器笛(ふえ)のかたち
楽器 横笛の断面図(能管)
歌口(うたぐち:息を吹き込む孔)と指孔との間にはノド(喉)と呼ばれる竹管が埋め込んであり、他の部分よりも狭くなっているため、甲高い叫び声のような音やいびつな音の響きとなり、これが能管の音色の特徴ともなっています。
関連資料
m-ykb2g1.txt
和楽器吹く楽器笛(ふえ)のかたち 楽器 横笛の断面図(能管)
この画像に関連する能管の内部構造についての詳細説明文
関連資料
m-ykb2e.txt
和楽器吹く楽器笛(ふえ)のかたち 楽器 横笛の断面図(能管)
英語の説明文

静止画
m-ykb3.jpg
600×400、 41.7KB
和楽器吹く楽器笛(ふえ)のかたち
楽器 竜笛・能管・篠笛
和楽器の横笛には、唐から伝わった雅楽用の竜笛(りゅうてき)、中世に成立した能楽用の能管(のうかん)、近世の歌舞伎囃子(かぶきばやし)や民俗芸能にも用いる篠笛(しのぶえ)などがあります。音律はそれぞれ独自です。[竹本幹夫]
関連資料
m-ykb3e.txt
和楽器吹く楽器笛(ふえ)のかたち 楽器 竜笛・能管・篠笛
英語の説明文