[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


動画
m-shf1.mpg
320×240、 1.94MB

和楽器
弾く楽器太棹三味線(ふとざお)
演奏「大落とし」(義太夫節)
太棹三味線はその名のとおり棹や糸も太く、胴や撥も大きく作られています。この「おおおとし」は浄瑠璃のクライマックスで演奏される旋律の一つで、悲嘆にくれる主人公の心情を、三味線が迫力ある音色で盛り上げています。[桜井弘](演奏/野澤松也)
関連資料
m-shf1e.txt
和楽器弾く楽器太棹三味線(ふとざお) 演奏「大落とし」(義太夫節)
英語の説明文

動画
m-shf2.mpg
320×240、 1.44MB

和楽器
弾く楽器太棹三味線(ふとざお)
演奏「さくらさくら」(義太夫節)
他の楽器や細棹、中棹の三味線と比べると、重厚で響きのある音色が特徴です。音楽的な美しい旋律を演奏するより、人間の感情をストレートに表現するのに適した楽器です。[桜井弘](演奏/野澤松也)
関連資料
m-shf2e.txt
和楽器弾く楽器太棹三味線(ふとざお) 演奏「さくらさくら」(義太夫節)
英語の説明文

静止画
m-shf3.jpg
600×400、 69.6KB
和楽器弾く楽器太棹三味線(ふとざお)
版本「曽根崎心中/人形遣いの図」
浄瑠璃の作者近松門左衛門(ちかまつもんざえもん)の代表作「曽根崎心中(そねざきしんじゅう)」の一場面で、初演時の番附(ばんづけ:プログラム)を「牟芸古雅志(むぎこがし)」(江戸期の解説書)が再録したものです。当時の人形は、構造も単純な一人遣いでした。[桜井弘]
関連資料
m-shf3e.txt
和楽器弾く楽器太棹三味線(ふとざお) 版本「曽根崎心中/人形遣いの図」
英語の説明文
関連資料
m-shf3g1.txt
和楽器弾く楽器太棹三味線(ふとざお) 版本「曽根崎心中/人形遣いの図」
この画像に関連する竹本義太夫と近松門左衛門についての詳細説明文

静止画
m-shf4.jpg
600×400、 57.1KB
和楽器弾く楽器太棹三味線(ふとざお)
錦絵「嫗山姥」
(こもちやまんば)主人公(女)の喋りを太夫の語りの芸で見せる場面です。義太夫節の太夫・三味線とともに人形遣いが描かれています。人形は三人遣いとなり、より人間に近い動きが出来るようになりました。
関連資料
m-shf4e.txt
和楽器弾く楽器太棹三味線(ふとざお) 錦絵「嫗山姥」
英語の説明文
関連資料
m-shf4g1.txt
和楽器弾く楽器太棹三味線(ふとざお) 錦絵「嫗山姥」
この画像に関連する人形浄瑠璃における太夫と人形の関係についての詳細説明文