[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。

>

動画
m-shh1.mpg
320×240、 2.63MB

和楽器
弾く楽器細棹三味線(ほそざお)
楽器 細棹三味線の構え方(長唄)
右手は三味線の胴を押さえながら、撥(ばち)の中央部を指4本で握り、撥先を弦と胴の皮に当てて音を出します。左手は棹(さお)を支え、指で勘所(かんどころ/ポジション)を押さえて音程を決めるほか、糸巻を回して調子を整えます。[和田修]
関連資料
m-shh1e.txt
和楽器弾く楽器細棹三味線(ほそざお) 楽器 細棹三味線の構え方(長唄)
英語の説明文
関連資料
m-shk1.jpg
和楽器弾く楽器細棹三味線(ほそざお) 楽器 細棹三味線の構え方(長唄)
三味線の各部位の名称を示す図
この画像は和楽器弾く楽器三味線(しゃみせん) に収録されているものです。
説明文等は収録先でご覧ください。

動画
m-shh2.mpg
320×240、 1.99MB

和楽器
弾く楽器細棹三味線(ほそざお)
唱歌「越後獅子」(長唄)
三味線の旋律を歌えるようにしたものを「口三味線(くちじゃみせん)」または「唱歌(しょうが)」といいます。弦の違い、弾き方、音の長さなどで、テン・ツン・トンなどと言い方が異なり、音程を加味して口で唱えることで旋律の概要を表現します。[和田修](唱歌/杵屋五司郎)
関連資料
m-shh2e.txt
和楽器弾く楽器細棹三味線(ほそざお) 唱歌「越後獅子」(長唄)
英語の説明文

動画
m-shh3.mpg
320×240、 1.69MB

和楽器
弾く楽器細棹三味線(ほそざお)
演奏「越後獅子」(長唄)
(えちごじし)文化8年(1811年)に歌舞伎舞踊として初演。越後(新潟県)から江戸へ巡業に来た角兵衛獅子(かくべえじし)という芸能者が様々な踊りを見せるという内容です。[和田修](演奏/杵屋五司郎)
関連資料
m-shh3g1.txt
和楽器弾く楽器細棹三味線(ほそざお) 演奏「越後獅子」(長唄)
この画像に関連する『越後獅子』の楽曲についての詳細説明文
関連資料
m-shh3e.txt
和楽器弾く楽器細棹三味線(ほそざお) 演奏「越後獅子」(長唄)
英語の説明文

動画
m-shh4.mpg
320×240、 1.53MB

和楽器
弾く楽器細棹三味線(ほそざお)
演奏「さくらさくら」(長唄)
長唄の三味線は明るく華やかな音色に特色があります。長唄に限らず三味線の調弦は相対的なもので、各弦の音程差は変わりませんが、歌唱者の声域によって音域を変えて演奏するのが普通です。(演奏/杵屋五司郎)
関連資料
m-shh4e.txt
和楽器弾く楽器細棹三味線(ほそざお) 演奏「さくらさくら」(長唄)
英語の説明文

動画
m-shh5.mpg
320×240、 2.11MB

和楽器
弾く楽器細棹三味線(ほそざお)
舞踊「京鹿子娘道成寺」(長唄)
(きょうがのこむすめどうじょうじ)長唄は最初から歌舞伎の舞踊の伴奏音楽として発達し、18世紀初期に長唄と呼ばれるようになりました。江戸の音楽の中心的存在で、歌舞伎のBGMである下座音楽も担当します。[和田修](踊り/西川箕乃助)
関連資料
m-shh5e.txt
和楽器弾く楽器細棹三味線(ほそざお) 舞踊「京鹿子娘道成寺」(長唄)
英語の説明文

動画
m-shh6.mpg
320×240、 2.03MB

和楽器
弾く楽器細棹三味線(ほそざお)
舞踊「水仙丹前」(長唄)
長唄は歌舞伎とともに、さまざまな音楽的・世俗的要素を採り入れて発展しました。この曲は「丹前振り(たんぜんぶり)」という当時流行した歩き方が舞踊化(舞台化)された時に作られたものです。(踊り/西川祐子)
関連資料
m-shh6e.txt
和楽器弾く楽器細棹三味線(ほそざお) 舞踊「水仙丹前」(長唄)
英語の説明文