[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


動画
m-sht1.mpg
320×240、 1.26MB

和楽器
弾く楽器津軽三味線(つがる)
楽器 津軽三味線の構え方
津軽(つがる)三味線は青森県津軽地方で民謡の伴奏に用いられてきた楽器です。いまは太棹(ふとざお)の三味線を使いますが、撥皮(ばちがわ=撥の当たる部分の皮)の形や奏法など、義太夫三味線とは別の楽器です。
関連資料
m-sht1g1.txt
和楽器弾く楽器津軽三味線(つがる) 楽器 津軽三味線の構え方
この画像に関連する津軽三味線の奏法についての詳細説明文
関連資料
m-sht1e.txt
和楽器弾く楽器津軽三味線(つがる) 楽器 津軽三味線の構え方
英語の説明文

動画
m-sht2.mpg
320×240、 1.67MB

和楽器
弾く楽器津軽三味線(つがる)
演奏「じょんから節」(津軽民謡)
津軽三味線の代表的な曲「じょんから節」の演奏です。一の糸の開放弦を打ちつける力強い低音のリズムと、三の糸の繰り返しの多い技巧的な旋律が特徴です。[高山茂](演奏/佐藤通弘)
関連資料
m-sht2e.txt
和楽器弾く楽器津軽三味線(つがる) 演奏「じょんから節」(津軽民謡)
英語の説明文

動画
m-sht3.mpg
320×240、 1.09MB

和楽器
弾く楽器津軽三味線(つがる)
演奏「さくらさくら」(津軽三味線)
力強い津軽三味線の音が心に響きます。重厚な中にも一音一音に細やかな表現がなされます。同じ太棹でも、義太夫三味線とは音色も表現方法も違います。(演奏/佐藤通弘)
関連資料
m-sht3e.txt
和楽器弾く楽器津軽三味線(つがる) 演奏「さくらさくら」(津軽三味線)
英語の説明文