[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。

 
動画
m-odk1.mpg
320×240、 1.60MB

和楽器
打つ楽器鋲留(びょうどめ)の太鼓
演奏 大太鼓の打ち方(右肩から)
左腕の撥を右肩から振り下ろして打つのは、能楽の締太鼓の例もあり、伝統的な奏法といえます。演技や舞踊に合わせて打つために、舞台を見やすいように工夫された打ち方だといいます。[石井一躬](演奏/望月太喜之丞)
関連資料
m-odk1e.txt
和楽器打つ楽器鋲留(びょうどめ)の太鼓 演奏 大太鼓の打ち方(右肩から)
英語の説明文

動画
m-odk2.mpg
320×240、 1.42MB

和楽器打つ楽器鋲留(びょうどめ)の太鼓
演奏 大太鼓の打ち方(両肩から)
太鼓の正面に体を置き、右手の桴(ばち)は右肩から、左手の桴は左肩から振り下ろして皮面を打ちます。左右別々のリズムで打つなど多彩な表現が可能なので、太鼓グループによって盛んになった打ち方です。[石井一躬](演奏/望月太喜之丞)
関連資料
m-odk2e.txt
和楽器打つ楽器鋲留(びょうどめ)の太鼓 演奏 大太鼓の打ち方(両肩から)
英語の説明文

動画
m-odk3.mpg
320×240、 1.60MB

和楽器
打つ楽器鋲留(びょうどめ)の太鼓
演奏「雪」(大太鼓:歌舞伎下座)
歌舞伎の下座音楽では、深山幽谷にいる感じを表す「山おろし」や、しんしんと雪が降り積もる感じを表す「雪音」、幽霊出現の「ドロドロ」など、実際は音が聞こえないもののイメージまで大太鼓で表現する工夫をしました。[和田修](演奏/望月太喜之丞)
関連資料
m-odk3e.txt
和楽器打つ楽器鋲留(びょうどめ)の太鼓 演奏「雪」(大太鼓:歌舞伎下座)
英語の説明文
関連資料
m-odk3g1.txt
和楽器打つ楽器鋲留(びょうどめ)の太鼓 演奏「雪」(大太鼓:歌舞伎下座)
この画像に関連する歌舞伎下座音楽についての詳細説明文

動画
m-odk4.mpg
320×240、 1.64MB

和楽器
打つ楽器鋲留(びょうどめ)の太鼓
演奏「波」(大太鼓:歌舞伎下座)
歌舞伎の下座音楽では実際の音を録音で流すことができないため、雨・風・水・波などの自然現象の音を大太鼓で表現することになっています。いずれも長撥を用い、何を表現するかによって、打ち方が決められています。[和田修](演奏/望月太喜之丞)
関連資料
m-odk4e.txt
和楽器打つ楽器鋲留(びょうどめ)の太鼓 演奏「波」(大太鼓:歌舞伎下座)
英語の説明文

静止画
m-odk5.jpg
600×400、 40.6KB
和楽器打つ楽器鋲留(びょうどめ)の太鼓
演奏「高校生の太鼓クラブ」
音の高さや音色の違う太鼓を組み合わせて多彩な音を作り出す組太鼓や、一つの太鼓を数人で打つなどの工夫を凝らしたグループが各地で活躍しています。郷土芸能・創作太鼓などその内容もさまざまです。近年、教育活動に太鼓の演奏を取り入れる学校が増えてきました。[石井一躬]
関連資料
m-odk5e.txt
和楽器打つ楽器鋲留(びょうどめ)の太鼓 演奏「高校生の太鼓クラブ」
英語の説明文