[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


動画
m-ktd1.mpg
320×240、 2.80MB

和楽器
打つ楽器小鼓(こつづみ)
楽器 小鼓の準備(長唄囃子)
小鼓の特色は、演奏中に調べの握り方によって自在に皮の張力を調節し、音の高さや音色などを変化させることにあります。大鼓と違って皮を乾燥させることはなく、むしろ息を吹きかけたり、和紙を唾で濡らして皮面に貼るなどして、湿り気を与えるようにしています。[和田修]
関連資料
m-ktd1e.txt
和楽器打つ楽器小鼓(こつづみ) 楽器 小鼓の準備(長唄囃子)
英語の説明文

動画
m-ktd2.mpg
320×240、 1.27MB

和楽器
打つ楽器小鼓(こつづみ)
唱歌 (小鼓:長唄囃子)
小鼓の打音を「粒」と呼びますが、これを口で唱えられるように擬音化したものが唱歌です。音の高さ、大きさ、拍などにより、チ・タ・プ・ポなどと表現し、練習や記憶の際におおよその構成を示すものとして用いられます。[和田修](唱歌/望月太喜之丞)
関連資料
m-ktd2e.txt
和楽器打つ楽器小鼓(こつづみ) 唱歌 (小鼓:長唄囃子)
英語の説明文

動画
m-ktd3.mpg
320×240、 2.04MB

和楽器
打つ楽器小鼓(こつづみ)
演奏 (小鼓:長唄囃子)
楽器はほぼ能と同じです。調べ緒の締めぐあいで音が変わりますが、4種類の音(チ・タ・プ・ポ)を組み合わせて演奏します。間とテンポを取りながら、長唄独特の華やかに速い演奏、あるいは能のように重々しく、唄や三味線に合わせて打ちます。[寺田詩麻](演奏/望月太喜之丞)
関連資料
m-ktd3e.txt
和楽器打つ楽器小鼓(こつづみ) 演奏 (小鼓:長唄囃子)
英語の説明文

静止画
m-ktd4.jpg
600×400、 44.6KB
和楽器打つ楽器小鼓(こつづみ)
小鼓の演奏(能の舞台)
m-ktd4j.txt向かって右から笛、小鼓、大鼓、太鼓の順に並んでいます。能の舞台ではこれらの演奏者は「囃し方(はやしかた)」と呼ばれ一種類の楽器を専門にしています。曲によっては太鼓が加わらないことがあります。小鼓は左手で持ち、右肩に乗せて右手で打ちます。[小林保治]
関連資料
m-ktd4e.txt
和楽器打つ楽器小鼓(こつづみ) 小鼓の演奏(能の舞台)
英語の説明文
関連資料
m-ktd4g1.txt
和楽器打つ楽器小鼓(こつづみ) 小鼓の演奏(能の舞台)
この画像に関連する能楽囃子についての詳細説明文