[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


動画
m-tke1.mpg
320×240、 2.89MB

和楽器
打つ楽器締太鼓(しめだいこ)
楽器 締太鼓の準備(長唄囃子)
調べ緒の紐は、まず縦方向の「縦調べ」で革を固定し、その上から横に「上調べ(横調べともいう)」をかけて締め具合を調節します。締め方がゆるいと革の張力が弱くなるので低い音になり、きつく締めると甲高い音が出ます。[和田修]
関連資料
m-tke1e.txt
和楽器打つ楽器締太鼓(しめだいこ) 楽器 締太鼓の準備(長唄囃子)
英語の説明文

動画
m-tke2.mpg
320×240、 1.68MB

和楽器
打つ楽器締太鼓(しめだいこ)
唱歌 (締太鼓:長唄囃子)
締太鼓の打ち方を口で唱えられるようにした「唱歌(しょうが)」には、右バチと左バチ、拍の長さの違いなどにより、テン、テ、レ、ツ、クなどがあり、テレツクテンテンなどと表現して打法を示すことができます。[和田修](唱歌/望月太喜之丞)
関連資料
m-tke2e.txt
和楽器打つ楽器締太鼓(しめだいこ) 唱歌 (締太鼓:長唄囃子)
英語の説明文

動画
m-tke3.mpg
320×240、 2.50MB

和楽器
打つ楽器締太鼓(しめだいこ)
演奏 (締太鼓:長唄囃子)
能楽の締太鼓は、傾斜させて台に乗せ、両手にバチを握り、やや肘を張って構え、手首のはずみを使わず腕全体を上下させて打つもので、手先だけでバチを動かしてはいけません。民俗芸能や歌舞伎囃子で細バチを用いるときは、手先で打ちます。[和田修](演奏/望月太喜之丞)
関連資料
m-tke3e.txt
和楽器打つ楽器締太鼓(しめだいこ) 演奏 (締太鼓:長唄囃子)
英語の説明文

静止画
m-tke4.jpg
600×400、 45.7KB
和楽器打つ楽器締太鼓(しめだいこ)
太鼓の演奏(能の舞台)
向かって右から笛、小鼓、大鼓、太鼓(締太鼓)の順に並んでいます。能の舞台ではこれらの演奏者は「囃し方(はやしかた)」と呼ばれ一種類の楽器を専門にしています。曲によっては太鼓が加わらないことがあります。太鼓は台に乗せて二本の桴(ばち)で上から打ちます。[小林保治]
関連資料
m-tke4e.txt
和楽器打つ楽器締太鼓(しめだいこ) 太鼓の演奏(能の舞台)
英語の説明文
関連資料
m-tke4g1.txt
和楽器打つ楽器締太鼓(しめだいこ) 太鼓の演奏(能の舞台)
この画像に関連する能の楽器編成と能と歌舞伎(長唄囃子)の太鼓奏法の違いについての詳細説明文