[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
b-khf1.jpg
600×400、 253.9KB
地球観測衛星から見た世界の地形地形(3d)扇状地
甲府盆地
山梨県甲府盆地周辺を、日本の地球観測衛星JERS-1(ふよう1号)で撮影した1993年11月25日の画像です。甲府盆地には、河川の侵食作用によって扇状地が作られました。矢印は鳥瞰図の視点及び高度を示しています。

静止画
b-khf2.jpg
600×400、 242.2KB
地球観測衛星から見た世界の地形地形(3d)扇状地
甲府盆地(南)
甲府盆地の南から北方向を高度10,000mの高さから見た画像です。甲府盆地の周辺には多くの扇状地があります。扇状地は、河川が山地から低地に流れ、傾斜の緩やかなところに堆積物が積もって形成されます。

静止画
b-khf3.jpg
600×400、 252.5KB
地球観測衛星から見た世界の地形地形(3d)扇状地
甲府盆地(西)
甲府盆地の西から東方向を高度10,000mの高さから見た画像です。甲府盆地は、複数の河川がそれぞれの山からの出口に扇状地を作り、それがぶつかりあって出来た平野です。このように、扇状地が集まって出来た地形を、合成扇状地(複合扇状地)と言います。

静止画
b-khf4.jpg
600×400、 255.5KB
地球観測衛星から見た世界の地形地形(3d)扇状地
甲府盆地(北)
甲府盆地の北から南方向を高度10,000mの高さから見た画像です。甲府盆地には笛吹川と釜無川が流れています。この二つの河川と多くの支流は、付近の山々を侵食しておびただしい堆積作用を続け、多くの扇状地を形成しています。

静止画
b-khf5.jpg
600×400、 242.1KB
地球観測衛星から見た世界の地形地形(3d)扇状地
甲府盆地(東)
甲府盆地の東から西方向を高度10,000mの高さから見た画像です。甲府盆地周辺の扇状地は、早くから開発され養蚕用の桑園が多く存在しましたが、現在では桜桃・桃・リンゴ・メロン等の果樹園に変わっています。