[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
b-nor1.jpg
600×400、 218.2KB
地球観測衛星から見た世界の地形地形(3d)フィヨルド
ソグネフィヨルド
ノルウェー・ソグネフィヨルド周辺を、日本の地球観測衛星JERS-1(ふよう1号)で撮影した1993年6月30日の画像です。スカンディナヴィア半島のノルウェー海に面した海岸線には、フィヨルドが多く見られます。矢印は鳥瞰図の視点および高度を示しています。

静止画
b-nor2.jpg
600×400、 211.9KB
地球観測衛星から見た世界の地形地形(3d)フィヨルド
ソグネフィヨルド(1)
ソグネフィヨルド周辺を南から北方向へ高度15,000mの高さから見た画像です。氷河による侵食作用で形成されたU字谷に海水が侵入し、複雑な海岸線をつくり出します。陸地奥深くまで入り込んだ狭い湾が特徴です。

静止画
b-nor3.jpg
600×400、 187.5KB
地球観測衛星から見た世界の地形地形(3d)フィヨルド
ソグネフィヨルド(2)
ソグネフィヨルド周辺を南西から北東方向へ高度15,000mの高さから見た画像です。ソグネフィヨルドは、ノルウェーのフィヨルドの中で最大のもので、その海岸線は全長180kmにも及びます。

静止画
b-nor4.jpg
600×400、 214.7KB
地球観測衛星から見た世界の地形地形(3d)フィヨルド
ソグネフィヨルド(3)
ソグネフィヨルド周辺を南西から北東方向へ高度8,000mの高さから見た画像です。氷食谷が沈降したフィヨルドの両岸は切り立った絶壁をなし、湾口付近で水面の高さは1,250mに達します。

静止画
b-nor5.jpg
600×400、 207.4KB
地球観測衛星から見た世界の地形地形(3d)フィヨルド
ソグネフィヨルド(4)
ソグネフィヨルド周辺を北から南方向へ高度15,000mの高さから見た画像です。陸地奥深くまで入り込んだ多くの湾の様子がわかります。フィヨルドでは平地が少ないものの、暖流に洗われて不凍の良港に恵まれており、海産資源が豊かです。

静止画
b-nor6.jpg
600×400、 202.9KB
地球観測衛星から見た世界の地形地形(3d)フィヨルド
ソグネフィヨルド(5)
ソグネフィヨルド周辺を南東から北西方向へ高度15,000mの高さから見た画像です。フィヨルドは港湾として利用される他、観光を主要な産業としており、多くの観光客が訪れ、フィヨルド内の船の運行も盛んです。

静止画
b-nor7.jpg
600×400、 249.0KB
地球観測衛星から見た世界の地形地形(3d)フィヨルド
ソグネフィヨルド(フライスルーパス)
ソグネフィヨルドのフライスルー動画の飛行程を示したものです。赤い点がスタート地点です。

動画
b-nor8.mpg
320×240、 1.93MB

地球観測衛星から見た世界の地形
地形(3d)フィヨルド
ソグネフィヨルド(フライスル-)
ソグネフィヨルド周辺を撮影した衛星画像を用いて、動画にしたものです。氷河により侵食されたU字谷に海水が入り、複雑な海岸線が形作られました。飛行機でその上を飛ぶように見ることで、地形的な特徴を理解することができます。高度は地上4,000mに設定してあります。