[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
k-ypa1.jpg
600×400、 141.7KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)遺物(甕棺・土製品)甕棺
甕棺の集合
甕棺とは日常の小さな甕とは違い、お棺専用につくられたものである。甕と甕・甕と蓋を組み合わせたもの、石蓋で単棺のもの、日常土器を用いた乳幼児用のものなどいろいろな形態のものがある。女性と比較するとその大きさがよく分かる。(写真提供:佐賀県教育委員会)
関連資料
k-ypag11.txt
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)遺物(甕棺・土製品)甕棺 甕棺の集合
英語説明文と日本語訳

静止画
k-ypa2.jpg
400×600、 89.3KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)遺物(甕棺・土製品)甕棺
北墳丘墓 出土甕棺
弥生時代の北部九州では、主に中期(前2〜1世紀)を中心に埋葬用の棺として、大型の甕形土器を用いることが流行した。中には高さ130cmを超すものもある。大きな粘土紐を板状に伸ばしながら積み上げるが、数日かけて製作したものと見られる。(写真提供:佐賀県教育委員会)

静止画
k-ypa3.jpg
400×600、 90.1KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)遺物(甕棺・土製品)甕棺
北墳丘墓 出土甕棺
弥生時代の佐賀・福岡地方などの北部九州では、主に中期(前2〜1世紀)を中心に埋葬用の棺として、大型の甕形土器を用いることが流行した。小児用と成人用があるが中には高さ130cmを超すものもある。(所蔵先:佐賀県教育委員会)

静止画
k-ypa4.jpg
400×600、 86.2KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)遺物(甕棺・土製品)甕棺
北墳丘墓 出土甕棺
甕棺とは二つの甕を合わせて埋葬する北部九州に独特なお棺で、日常の小さな甕とは違い、お棺専用に作られたものである。中には高さ130cmを超すものもある。大きな粘土紐を板状に伸ばしながら積み上げるが、数日かけて製作したものと見られる。(所蔵先:佐賀県教育委員会)