[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
k-yna1.jpg
600×400、 44.3KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)遺物(木製品)農具・工具
鋤(スコップ形)
木製品は、そのもの単独で道具として使われるが、石や金属の道具と組み合わせて使用されたりするため、弥生時代の生活をより具体的に復元することのできるものとして注目されている。鋤は一本の木を加工して作る。写真はスコップ形の鋤である。(写真提供:佐賀県教育委員会)
関連資料
k-ynag11.txt
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)遺物(木製品)農具・工具 鋤(スコップ形)
英語説明文と日本語訳

静止画
k-yna2.jpg
600×400、 60.5KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)遺物(木製品)農具・工具
鋤(フォーク形)
木製品は、弥生時代の生活をより具体的に復元することのできるものとして注目されている。鋤は一本の木を加工してつくるが、その身はスコップの形をしたものとフォーク状になったものがある。写真はフォーク状のものである。(写真提供:佐賀県教育委員会)
関連資料
k-ynf1.jpg
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)遺物(木製品)農具・工具 鋤(フォーク形)
鋤 出土状況
この画像は吉野ヶ里遺跡(弥生時代)遺物(木製品)出土状況2 に収録されているものです。
説明文等は収録先でご覧ください。

静止画
k-yna3.jpg
600×400、 50.9KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)遺物(木製品)農具・工具
鍬の柄
木製品は、そのもの単独で道具として使われるが、石や金属の道具と組み合わせて使用されたりするため、弥生時代の生活をより具体的に復元することのできるものとして注目されている。鍬は、耕す部分である身の部分と写真の柄を組み合せて使用する。(写真提供:佐賀県教育委員会)

静止画
k-yna4.jpg
600×400、 55.8KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)遺物(木製品)農具・工具
鎌柄
木製品は、そのもの単独で道具として使われるが、石や金属の道具と組み合わせて使用されたりするため、弥生時代の生活をより具体的に復元することのできるものとして注目されている。写真の鎌柄は、鉄でできた刃先が先端に取り付けられる。(写真提供:佐賀県教育委員会)

静止画
k-yna5.jpg
600×400、 55.2KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)遺物(木製品)農具・工具
斧柄
斧柄には、木を伐採するものと枝などを打ち払う加工用のものがある。伐採には、石斧や鉄斧を使用するが、その柄は頑丈なものが多い。加工用の斧は、木の枝を利用したもので先端に小形の袋状鉄斧が取りつけられる。(写真提供:佐賀県教育委員会)

静止画
k-yna6.jpg
400×600、 48.3KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)遺物(木製品)農具・工具
斧柄
工具である斧柄には、木を伐採するものと枝などを打ち払う加工用のものがある。伐採には、石斧や鉄斧を使用するが、その柄は頑丈なものが多い。加工用の斧は、木の枝を利用したもので先端に小形の袋状鉄斧が取りつけられる。(写真提供:佐賀県教育委員会)

静止画
k-yna7.jpg
600×400、 81.3KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)遺物(木製品)農具・工具
斧柄のアップ
斧柄には、木を伐採するものと枝などを打ち払う加工用のものがある。伐採には石斧や鉄斧を使用し、その柄は頑丈なものが多い。加工用斧は、木の枝を利用し、先端に小形の袋状鉄斧が取りつけられる。(写真提供:佐賀県教育委員会)