[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
k-ylb1.jpg
600×400、 93.5KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)遺物(青銅器)鋳型
四面鋳型と細形銅矛鋳型
青銅器を作るには、銅などの金属を溶解し、鋳型と呼ばれる製品の形を掘り込んだ石材に流し込む。金属が冷えて固まった後、鋳型から取り出して砥石で磨いて仕上げる。写真は四面鋳型と細形銅矛鋳型である。(所蔵先:佐賀県教育委員会)
関連資料
k-ylbg11.txt
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)遺物(青銅器)鋳型 四面鋳型と細形銅矛鋳型
英語説明文と日本語訳

静止画
k-ylb2.jpg
600×400、 75.8KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)遺物(青銅器)鋳型
四面鋳型の矛先部分
吉野ヶ里遺跡で見つかっている青銅器の鋳型は、石英長石斑岩という石材が用いられている。貴重な石材であったせいか、石材の表裏と両側面を加えた四面を利用したものがある。写真は四面鋳型の矛先部分である。(所蔵先:佐賀県教育委員会)

静止画
k-ylb3.jpg
600×400、 71.3KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)遺物(青銅器)鋳型
四面鋳型と銅矛中子
吉野ヶ里遺跡では様々な鋳型が見つかっており、弥生時代における青銅器の一大鋳造センターであったことが窺がえる。また青銅器の鋳型には、石英長石斑岩という貴重な石材が用いられており、石材の表裏と両側面を加えた四面を利用したものがある。(所蔵先:佐賀県教育委員会)

静止画
k-ylb4.jpg
600×400、 72.8KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)遺物(青銅器)鋳型
四面鋳型の断面
吉野ヶ里遺跡で見つかった青銅器の鋳型には、石英長石斑岩という貴重な石材が用いられており、石材の表裏と両側面を加えた四面を利用したものがある。四面鋳型の断面は写真のようになっている。(所蔵先:佐賀県教育委員会)

静止画
k-ylb5.jpg
600×400、 63.0KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)遺物(青銅器)鋳型
四面鋳型の銅剣部分
吉野ヶ里遺跡では、銅矛、銅剣、巴形銅器の鋳型が見つかっており、弥生時代における青銅器の一大鋳造センターであったことが窺がえる。また、石材の表裏と両側面を加えた四面を利用した鋳型もある。これは四面鋳型の銅剣部分である。(所蔵先:佐賀県教育委員会)

静止画
k-ylb6.jpg
600×400、 57.0KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)遺物(青銅器)鋳型
細形銅矛鋳型
吉野ヶ里遺跡では矛や剣などの鋳型が発見され、青銅器の生産が長期間にわたって行われたことが判明した。写真は細形銅矛の鋳型である。最古の銅矛鋳型で、完成品は25cm前後あったと考えられる。(所蔵先:佐賀県教育委員会)

静止画
k-ylb7.jpg
600×400、 85.3KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)遺物(青銅器)鋳型
鋳型の集合
青銅器を作るには、銅などの金属を溶解し、鋳型と呼ばれる製品の形を掘り込んだ石材に流し込む。金属が冷えて固まった後、鋳型から取り出して砥石で磨いて仕上げる。写真は吉野ヶ里遺跡で発見された各種の鋳型の集合である。(写真提供:佐賀県教育委員会)

静止画
k-ylb8.jpg
600×400、 79.0KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)遺物(青銅器)鋳型
巴形銅器鋳型と復元品
巴形銅器の鋳型は全体の約2分の1の破片で、石製である。これまで巴形銅器は全国で約110点出土したが、鋳型の出土は吉野ヶ里が全国で初めてである。まじないや、魔よけの意味があったと思われ、楯に装備されていたものと考えられている。(写真提供:佐賀県教育委員会)

静止画
k-ylb9.jpg
600×400、 85.7KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)遺物(青銅器)鋳型
不明青銅器鋳型と巴形銅器鋳型
吉野ヶ里遺跡では、銅矛、銅剣、巴形銅器の鋳型が見つかっており、弥生時代における青銅器の一大鋳造センターであったことが窺がえる。写真右は巴形銅器の鋳型で、写真左のものは何を作るかわからない鋳型である。(写真提供:佐賀県教育委員会)

静止画
k-ylba.jpg
600×400、 76.2KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)遺物(青銅器)鋳型
不明青銅器鋳型(裏面)
青銅器を作るには、銅などの金属を溶解し、鋳型と呼ばれる製品の形を掘り込んだ石材に流し込む。金属が冷えて固まった後、鋳型から取り出し、砥石で磨いて仕上げる。吉野ヶ里遺跡では、銅矛、銅剣、巴形銅器の鋳型が見つかっている。(写真提供:佐賀県教育委員会)