[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
k-yle1.jpg
600×400、 100.5KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)遺物(青銅器)鋳造関連遺物
フイゴと取瓶
フイゴは、高温を必要とする鋳造炉に風を送り込む送風管である。取瓶は、溶けた金属を鋳型に流し込む道具。いずれも弥生時代前期の環壕から見つかっており、青銅器の製作が弥生時代前期にさかのぼる可能性が考えられる。(写真提供:佐賀県教育委員会)
関連資料
k-yleg11.txt
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)遺物(青銅器)鋳造関連遺物 フイゴと取瓶
英語説明文と日本語訳

静止画
k-yle2.jpg
600×400、 86.8KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)遺物(青銅器)鋳造関連遺物
スズ片
銅・錫・鉛を調合して青銅器を生産したと考えられる。吉野ヶ里遺跡では錫がみつかっており、科学分析の結果、極めて高純度のものであることが判明した。全国でも珍しい出土例である。(写真提供:佐賀県教育委員会)

静止画
k-yle3.jpg
600×400、 62.4KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)遺物(青銅器)鋳造関連遺物
スズ片
青銅器を鋳造したと考えられる遺構からは、鋳型などのほか、青銅器の材料の一つである錫片も出土している。科学分析の結果、極めて高純度のものであることが判明し、全国でも珍しい出土例である。(写真提供:佐賀県教育委員会)