[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
k-yrb1.jpg
600×400、 130.6KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)遺物(食物)出土状況
獣骨 出土状況
遺跡が存在する丘陵は火山灰でできた台地であるため、酸性度が非常に強く、骨なども容易に分解してしまう。従って、獣の骨は非常に見つけ難いが、アルカリ性である貝塚中では保存状態がよく、出土することが多い。(写真提供:佐賀県教育委員会)
関連資料
k-yrbg11.txt
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)遺物(食物)出土状況 獣骨 出土状況
英語説明文と日本語訳

静止画
k-yrb2.jpg
600×400、 124.2KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)遺物(食物)出土状況
獣骨 出土状況
獣の骨は非常に見つけ難いが、アルカリ性である貝塚中では保存状態がよく、出土することが多い。吉野ヶ里遺跡では、弥生時代前期の環壕に貝殻と一緒に捨てられた獣骨が見つかっている。また、水気の多い場所で桃の種が見つかることが多い。(写真提供:佐賀県教育委員会)