[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
k-yra1.jpg
600×400、 76.7KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)遺物(食物)食物
カキの殻
稲作が開始される弥生時代の主な食料は米であるが、米以外にも雑穀類、肉類、果菜・果樹類等、多種多様にわたる。コイ、カキなどの魚介類も食べられていた。カキなど海水産のものは有明海沿岸の集落から持ち込まれたものと考えられる。(所蔵先:佐賀県教育委員会)
関連資料
k-yrag11.txt
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)遺物(食物)食物 カキの殻
英語説明文と日本語訳

静止画
k-yra2.jpg
600×400、 95.9KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)遺物(食物)食物
貝殻類と鳥骨
稲作が開始される弥生時代の主な食料は米であるが、米以外にも麦やヒエ、アワ、マメ等の雑穀類、コイ、カキなどの魚介類、ブタ、鹿、イヌ等の肉類、マクワウリ、桃等の果菜・果樹類等、多種多様にわたる。(所蔵先:佐賀県教育委員会)

静止画
k-yra3.jpg
600×400、 69.5KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)遺物(食物)食物
獣骨
稲作が開始される弥生時代の主な食料は米であった。しかし、米以外にもブタ、鹿、イヌ等の肉類、雑穀類、魚介類、果菜・果樹類等、多種多様のものを食べていた。写真は、弥生時代前期の環壕から見つかった獣骨である。(写真提供:佐賀県教育委員会)

静止画
k-yra4.jpg
600×400、 69.7KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)遺物(食物)食物
獣骨
稲作が開始される弥生時代の主な食料は米であるが、米以外にもブタ、鹿、イヌ等の肉類、雑穀類、魚介類、果菜・果樹類等、多種多様にわたる。写真は、弥生時代前期の環壕から見つかった獣骨であり、貝殻と一緒に捨てられていた。(写真提供:佐賀県教育委員会)

静止画
k-yra5.jpg
600×400、 75.4KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)遺物(食物)食物
獣骨
稲作が開始される弥生時代の主な食料は米であるが、米以外にもブタ、鹿、イヌ等の肉類、雑穀類、魚介類、果菜・果樹類等、多種多様にわたる。写真の獣骨は、骨の特徴から家畜であるブタの可能性が高い。大陸から持ち込まれたものと思われる。(写真提供:佐賀県教育委員会)

静止画
k-yra6.jpg
600×400、 73.2KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)遺物(食物)食物
獣骨
稲作が開始される弥生時代の主な食料は米であるが、米以外にも雑穀類、魚介類、果菜・果樹類等、多種多様にわたる。ブタ、鹿、イヌ等の肉類も食用していた。弥生時代前期の環壕に貝殻と一緒に捨てられた獣骨が見つかっている。(写真提供:佐賀県教育委員会)

静止画
k-yra7.jpg
600×400、 87.9KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)遺物(食物)食物
炭化米
稲作が開始される弥生時代の主な食料は米であるが、米以外にも雑穀類、魚介類、肉類、果菜・果樹類等、多種多様にわたる。吉野ヶ里遺跡から見つかっている米はジャポニカ種と呼ばれる短粒の米で、我々が食べている米と同じ種類のものである。(写真提供:佐賀県教育委員会)

静止画
k-yra8.jpg
600×400、 112.5KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)遺物(食物)食物
炭化米
稲作が開始される弥生時代の主な食料は米であるが、米以外にも雑穀類、魚介類、肉類、果菜・果樹類等、多種多様にわたる。吉野ヶ里遺跡から見つかっている米はジャポニカ種と呼ばれる短粒の米で、我々が食べている米と同じ種類のものである。(写真提供:佐賀県教育委員会)

動画
k-yra9.mpg
320×240、 767.5KB

吉野ヶ里遺跡(弥生時代)
遺物(食物)食物
炭化米
弥生時代の主な食料は米である。吉野ヶ里遺跡で出土した米はジャポニカ種と呼ばれる短粒の米で、我々が食べている米と同じ種類のものである。映像の後半にあるのは石包丁である。(資料提供:佐賀県教育委員会)