[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
k-yma1.jpg
600×400、 59.4KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)遺物(鉄器・石器)鉄器
鉄鏃と鉄剣
弥生時代は、金属製品が大陸から伝わり、その使用が始まった時代である。吉野ヶ里遺跡出土の鉄製品は、鎌や斧、ヤリガンナ、鋤先、摘み鎌等の農工具がその大部分をしめる。農工具以外の鉄製品には剣や鏃などの武器がみられる。(写真提供:佐賀県教育委員会)
関連資料
k-ymag11.txt
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)遺物(鉄器・石器)鉄器 鉄鏃と鉄剣
英語説明文と日本語訳

静止画
k-yma2.jpg
600×400、 64.2KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)遺物(鉄器・石器)鉄器
鉄斧と刀子
弥生時代は、金属製品が大陸から伝わり、その使用が始まった時代である。日本では、青銅器とほぼ同時期に鉄製品の使用も始まった。後期には斧などの素材が石から鉄に替わった。ヤリガンナ・刀子(小刀)も木材の加工に使われた。(写真提供:佐賀県教育委員会)

静止画
k-yma3.jpg
600×400、 72.3KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)遺物(鉄器・石器)鉄器
鉄鎌と鏃先
吉野ヶ里遺跡から出土している弥生時代(一部古墳時代初頭のものを含む。)の鉄製品は、これまで約180点にのぼる。そのほとんどが写真のような農具である。草刈り用の鎌も鉄に替わり、木製の鋤(スコップ)の先端に鉄が使われるようになった。(写真提供:佐賀県教育委員会)

静止画
k-yma4.jpg
600×400、 81.9KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)遺物(鉄器・石器)鉄器
蝶つがい
珍しい鉄製品として、中国の木棺などに使われる蝶つがい(写真・左)が甕棺墓から出土した。現在でも類似したもの(写真・右)がある。甕棺の副葬品として見つかった蝶つがいがある。(写真提供:佐賀県教育委員会)

静止画
k-yma5.jpg
600×400、 64.3KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)遺物(鉄器・石器)鉄器
蝶つがい
日本では、青銅器とほぼ同時期に鉄製品の使用も始まった。珍しい鉄製品として、甕棺の副葬品として見つかった蝶つがいがある。この蝶つがいは、漢の時代に木棺(かんおけ)に使われていたものが、日本に持ち込まれたものと考えられている。(写真提供:佐賀県教育委員会)