[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
k-ybg1.jpg
600×400、 66.7KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)環壕・城柵復元物
城柵と物見やぐら
土の埋まり方から、環壕を掘った土は外側に積み上げられていたことがわかった。この土塀の上には柵が並んでいたものと推定される。写真の物見やぐらは6本柱の高層建物で、環壕や柵が半円形に張り出した内側に建てられている。(撮影協力:佐賀県教育委員会)
関連資料
k-ybgg11.txt
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)環壕・城柵復元物 城柵と物見やぐら
英語説明文と日本語訳

静止画
k-ybg2.jpg
600×400、 72.5KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)環壕・城柵復元物
環壕・城柵
土の埋まり方から、環壕を掘った土は外側に積み上げられていたことがわかった。この土塀の上には柵が並んでいたものと推定される。この写真は、環壕にそってつくられた柵の復元である。見上げるような柵はまさに城壁といえる。(撮影協力:佐賀県教育委員会)

静止画
k-ybg3.jpg
600×400、 66.4KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)環壕・城柵復元物
環壕・城柵(保存)
写真のように環壕などは、環壕遺構そのものの損壊を防ぐために土をもって、その上をセメントで固めて保存されている。また、外敵から集落をまもる環壕とそれに沿ってつくられた柵が復元されている。(撮影協力:佐賀県教育委員会)

静止画
k-ybg4.jpg
600×400、 69.6KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)環壕・城柵復元物
出入口と物見やぐら
出入口には門柱が存在していたことが柱跡の発掘で明らかになった。出入口と一緒に写っている物見やぐらは6本柱の高層建物で、環壕や柵が半円形に張り出した内側に建てられている。(写真提供:佐賀県教育委員会)

静止画
k-ybg5.jpg
600×400、 83.0KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)環壕・城柵復元物
南内郭 出入口
吉野ヶ里遺跡からは、7箇所の出入口がみつかっている。写真は南内郭の出入口の復元である。出入口には門柱が存在していたことが柱跡の発掘で明らかになった。写真の門は鳥居状の門として復元されている。(撮影協力:佐賀県教育委員会)

静止画
k-ybg6.jpg
600×400、 69.5KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)環壕・城柵復元物
南内郭 出入口
吉野ヶ里遺跡からは、7箇所の出入口がみつかっている。写真は南内郭の出入口の復元である。出入口には門柱が存在していたことが柱跡の発掘で明らかになった。写真の門は鳥居状の門として復元されている。(撮影協力:佐賀県教育委員会)

動画
k-ybg7.mpg
320×240、 2.03MB

吉野ヶ里遺跡(弥生時代)
環壕・城柵復元物
環壕・城柵
土の埋まり方から、環壕を掘った土は外側に積み上げられていたことがわかった。この土塀の上には柵が並んでいたものと推定される。出入口には門柱が存在していたことが柱跡の発掘で明らかになった。画像の門は鳥居状の門として復元されている。(撮影協力:佐賀県教育委員会)