[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
k-yba1.jpg
600×400、 82.4KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)環壕・城柵航空写真
遺跡南西の環壕
集落を取り囲む環壕は、丘陵上では水のない空壕だが、丘陵裾部や低地では水をたたえていた。弥生時代の外環壕の断面はV字形で、敵の侵入を困難にしている。堆積土の断面を詳しく調べると、環壕の埋まり方がよくわかる。(写真提供:佐賀県教育委員会)
関連資料
k-ybag11.txt
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)環壕・城柵航空写真 遺跡南西の環壕
英語説明文と日本語訳

静止画
k-yba2.jpg
600×400、 86.8KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)環壕・城柵航空写真
遺跡南西の環壕
環壕とは集落を外敵から守る壕のことである。集落全体を守る大きな外壕とその内側を区画する内壕があり、水は入っていない。吉野ヶ里の外壕は総延長2.5km、囲んでいる範囲は約40haにもおよぶ。(写真提供:佐賀県教育委員会)

静止画
k-yba3.jpg
600×400、 84.9KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)環壕・城柵航空写真
低湿地の環壕
水分が多い低湿地の環壕内部からは、鍬や鋤などの農具、容器、祭の道具、建築部材など、当時使用されていた木製品が数多く出土する。丘陵上の環壕の断面はV字形に掘られているのに対し、低湿地の環壕跡は幅が広く、断面は底が平らになっている。(写真提供:佐賀県教育委員会)

静止画
k-yba4.jpg
600×400、 96.4KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)環壕・城柵航空写真
低湿地の環壕
低湿地の環壕は水分が多いため、その内部からは、鍬や鋤などの農具、容器、祭の道具、建築部材など、当時使用されていた木製品が数多く出土する。また、低湿地の環壕跡は幅が広く、断面は底が平らになっているという特徴がある。(写真提供:佐賀県教育委員会)

静止画
k-yba5.jpg
600×400、 73.9KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)環壕・城柵航空写真
低湿地の環壕
集落を取り囲む環壕は、丘陵上では水のない空壕だが、丘陵裾部や低地では水をたたえていた。水分が多い低湿地の環壕内部からは、鍬や鋤などの農具、容器、祭の道具、建築部材など、当時使用されていた木製品が数多く出土する。(写真提供:佐賀県教育委員会)

静止画
k-yba6.jpg
600×400、 102.4KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)環壕・城柵航空写真
低湿地の環壕
水分が多い低湿地の環壕内部からは、鍬や鋤などの農具、容器、祭の道具、建築部材など、当時使用されていた木製品が数多く出土する。また、低湿地の環壕跡は幅が広く、断面は平らな底になっている。(写真提供:佐賀県教育委員会)

静止画
k-yba7.jpg
600×400、 112.8KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)環壕・城柵航空写真
低湿地の環壕
集落を取り囲む環壕は、丘陵上では水のない空壕だが、丘陵裾部や低地では水をたたえていた。低湿地の環壕内部は水分が多いため、鍬や鋤などの農具、容器、祭の道具、建築部材など、当時使用されていた木製品が数多く出土する。(写真提供:佐賀県教育委員会)