[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
k-yfc1.jpg
600×400、 64.8KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)集落(高床倉庫群)発掘作業風景
高床倉庫跡 発掘作業
高床倉庫跡が分布する範囲は約2.2haで、50〜60棟の建物跡が存在する可能性がある。高床倉庫跡の発掘は、柱穴の配置を考えながら進めていく。多くの柱穴が密集して発見される事は、同じ場所で何度も建て替えられた事を示す。(写真提供:佐賀県教育委員会)
関連資料
k-yfcg11.txt
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)集落(高床倉庫群)発掘作業風景 高床倉庫跡 発掘作業
英語説明文と日本語訳

静止画
k-yfc2.jpg
600×400、 69.5KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)集落(高床倉庫群)発掘作業風景
高床倉庫跡 発掘作業
高床倉庫跡の発掘は、柱穴の配置を考えながら進めていく。現在80棟ほどの高床倉庫が確認されており、同時期に20棟程度建っていたと予測される。多くの柱穴が密集して発見されるため、発掘には困難を伴う。(写真提供:佐賀県教育委員会)

静止画
k-yfc3.jpg
600×400、 66.9KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)集落(高床倉庫群)発掘作業風景
高床倉庫跡 発掘作業
高床倉庫は現在80棟ほど確認されており、同時期に20棟程度建っていたと推測される。発掘は、柱穴の配置を考えながら進めていく。同じ場所で何度も建て替えられたことを示す、多くの柱穴が密集して発見されるため、発掘には困難を伴う。(写真提供:佐賀県教育委員会)

静止画
k-yfc4.jpg
600×400、 70.9KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)集落(高床倉庫群)発掘作業風景
高床倉庫跡 発掘作業
高床倉庫と考えられる掘立柱建物跡が分布する範囲は約2.2haで、50〜60棟の建物跡が存在する可能性がある。また、この地域の南・西では地形の急激な落ち込みが認められ、高床倉庫群の周辺に人工的に崖をつくり内部を防御したと考えられる。(写真提供:佐賀県教育委員会)