[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
k-yga1.jpg
600×400、 92.3KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)集落(貯蔵穴・土坑)貯蔵穴
貯蔵穴跡(長方形)
貯蔵穴は、底に穀物などを蓄える地下式の倉で、弥生時代前期末になると、ほぼ丘陵全域で確認する事ができる。平面円形のものと長方形のものがあり、特に円形のものは上の出入口が狭く床が広いフラスコ状の断面形となっている。(写真提供:佐賀県教育委員会)
関連資料
k-ygag11.txt
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)集落(貯蔵穴・土坑)貯蔵穴 貯蔵穴跡(長方形)
英語説明文と日本語訳

静止画
k-yga2.jpg
600×400、 69.5KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)集落(貯蔵穴・土坑)貯蔵穴
貯蔵穴跡(長方形)
貯蔵穴は、底に穀物などを蓄える地下式の倉で、平面円形のものと長方形のものがある。特に円形のものは上の出入口が狭く床が広いフラスコ状の断面形となっている。(写真提供:佐賀県教育委員会)

静止画
k-yga3.jpg
600×400、 81.0KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)集落(貯蔵穴・土坑)貯蔵穴
貯蔵穴跡(長方形)
貯蔵穴は、底に穀物などを蓄える地下式の倉で、平面円形のものと長方形のものがある。小さな屋根で雨を防いだものと考えられ、人の出入りには、きざみ梯子が用いられたと考えられている。(写真提供:佐賀県教育委員会)

静止画
k-yga4.jpg
600×400、 75.8KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)集落(貯蔵穴・土坑)貯蔵穴
貯蔵穴跡(平面円形)
弥生時代前半期には弥生人は地面に穴を掘り、米などを貯蔵していた。貯蔵穴には断面がフラスコ状をなすものが多い。前期末になるとほぼ丘陵全域で確認する事ができる。(写真提供:佐賀県教育委員会)

静止画
k-yga5.jpg
600×400、 66.3KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)集落(貯蔵穴・土坑)貯蔵穴
貯蔵穴跡(長方形)
貯蔵穴は、底に穀物などを蓄える地下式の倉で、平面円形のものと長方形のものがある。小さな屋根で雨を防いだものと考えられ、人の出入りには、きざみ梯子が用いられたと考えられている。(写真提供:佐賀県教育委員会)

静止画
k-yga6.jpg
400×600、 119.9KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)集落(貯蔵穴・土坑)貯蔵穴
貯蔵穴跡 実測図
これは貯蔵穴の実測図である。写真だけではわかりにくい詳細を実測図として記録する。平面・断面の形態、遺物の出土状況、土の埋没状況(土層)などを詳しく図面に表す。(資料提供:佐賀県教育委員会)