[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
k-yae1.jpg
600×400、 62.0KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)全体概要復元建物(近景)
物見やぐらと竪穴住居
竪穴住居は平面長方形の寄棟形の葦葺きの家屋で、2本の柱で棟を支えている。内部中央には炉が、壁際にはベッドが復元されている。物見やぐらは6本柱の高層建物で、環壕や柵が半円形に張り出した内側に建てられている。(写真提供:佐賀県教育委員会)
関連資料
k-yaeg11.txt
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)全体概要復元建物(近景) 物見やぐらと竪穴住居
英語説明文と日本語訳

静止画
k-yae2.jpg
600×400、 82.8KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)全体概要復元建物(近景)
物見やぐら
1989年10月には、発掘された遺跡の上に土を盛り、その上に環壕や土塁・柵、竪穴住居4棟や物見やぐら2棟、高床倉庫2棟が復元され、見学者に公開された。物見やぐらは6本柱の高層建物で、環壕や柵が半円形に張り出した内側に建てられている。(写真提供:佐賀県教育委員会)

静止画
k-yae3.jpg
400×600、 59.7KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)全体概要復元建物(近景)
物見やぐら
1989年10月には、発掘された遺跡の上に土を盛り、その上に環壕や土塁・柵、竪穴住居4棟や物見やぐら2棟、高床倉庫2棟が復元され、見学者に公開された。物見やぐらは6本柱の高層建物で、環壕や柵が半円形に張り出した内側に建てられている。(写真提供:佐賀県教育委員会)

静止画
k-yae4.jpg
600×400、 80.7KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)全体概要復元建物(近景)
物見やぐら
1989年10月には、発掘された遺跡の上に土を盛り、その上に環壕や土塁・柵、竪穴住居4棟や物見やぐら2棟、高床倉庫2棟が復元され、見学者に公開された。物見やぐらは6本柱の高層建物で、環壕や柵が半円形に張り出した内側に建てられている。(写真提供:佐賀県教育委員会)

静止画
k-yae5.jpg
600×400、 64.6KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)全体概要復元建物(近景)
物見やぐら
1989年10月には、発掘された遺跡の上に土を盛り、その上に環壕や土塁・柵、竪穴住居4棟や物見やぐら2棟、高床倉庫2棟が復元され、見学者に公開された。物見やぐらは6本柱の高層建物で、環壕や柵が半円形に張り出した内側に建てられている。(写真提供:佐賀県教育委員会)

静止画
k-yae6.jpg
600×400、 72.5KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)全体概要復元建物(近景)
竪穴住居
1989年10月には発掘された遺跡の上に土を盛り、その上に弥生時代後期のたたずまいが復元され、見学者に公開された。竪穴住居は長方形の寄棟形の葦葺きの家屋で、2本の柱で棟を支えている。内部中央には炉が、壁際にはベッドが復元された。(写真提供:佐賀県教育委員会)

静止画
k-yae7.jpg
600×400、 76.0KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)全体概要復元建物(近景)
竪穴住居
吉野ケ里遺跡には弥生時代の後期後半の竪穴住居が復元されている。平面長方形の住居で、2本の柱で葦ぶき屋根の棟を支えている。内部の中央には明かりや暖をとるための炉が、壁際には寝床と考えられる一段高いベッドが設けられている。(写真提供:佐賀県教育委員会)

静止画
k-yae8.jpg
600×400、 72.7KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)全体概要復元建物(近景)
竪穴住居
1989年10月には発掘された遺跡の上に土を盛り、弥生時代のたたずまいが復元された。竪穴住居は、深さ1m前後の大きな穴を掘り、掘り上げた土を周囲に積み、その上に屋根を葺いた。内部中央には炉が、壁際にはベッドが復元されている。(写真提供:佐賀県教育委員会)

静止画
k-yae9.jpg
600×400、 43.0KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)全体概要復元建物(近景)
北墳丘墓正面の立柱
北墳丘墓のそばに復元された立柱は、日陰時計であったのではないかと考えられている。(写真提供:佐賀県教育委員会)