[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
k-yaa1.jpg
600×400、 235.9KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)全体概要全体概要
遺跡の位置
吉野ケ里遺跡は、九州の穀倉地帯筑紫平野の中央、佐賀県神埼郡に位置する弥生時代の遺跡であり、脊振山地から平野に突き出した丘陵上に立地する。弥生時代の始まりから終わりまでの約600年間を通して発展した環壕集落跡である。(資料提供:佐賀県教育委員会)

静止画
k-yaa2.jpg
400×600、 227.6KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)全体概要全体概要
環壕の範囲
図は1994年、遺跡の航空写真に環壕集落の範囲を示したものである。吉野ケ里遺跡は40haにおよぶ壮大な規模の環壕集落跡である。復元された建物群が一般に公開されており、発掘調査が進められている。(資料提供:佐賀県教育委員会)

静止画
k-yaa3.jpg
400×600、 254.2KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)全体概要全体概要
環壕集落
図は吉野ケ里遺跡における代表的な地区を示したものである。墳丘墓は弥生時代の有力者の墓地であり、土層内からは多くの副葬品が出土する。北内郭と南内郭は、弥生時代の後期後半から終末期の集落の中心部分であり、様々な建物跡が発掘される。(資料提供:佐賀県教育委員会)

静止画
k-yaa4.jpg
600×400、 116.9KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)全体概要全体概要
航空写真(南内郭)
南内郭を北北東から撮影したものである。南内郭は遺跡の南側にある内壕に囲まれた地区で、物見やぐらや竪穴式住居が復元され、当時の人々の暮らしをうかがい知ることができる。南内郭の西側には大型の高床式倉庫が復元されている。(写真提供:佐賀県教育委員会)

静止画
k-yaa5.jpg
600×400、 193.7KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)全体概要全体概要
周辺の集落分布図
大規模な環壕集落である吉野ヶ里集落を中心とし、いくつかの環壕集落、続いて多くの農業集落、さらに数多い小規模な農・山・漁村といった具合に、ピラミッド構造の地域集落群のネットワークが推定できる。(資料提供:佐賀県教育委員会)

静止画
k-yaa6.jpg
700×900、 400.6KB
吉野ヶ里遺跡(弥生時代)全体概要全体概要
遺跡関連年表
吉野ケ里遺跡は、その時間的推移の中で、堅牢に構築された墳丘墓や列状に葬られた甕棺墓群など、墳墓の形成と発展が集落と対応してとらえられることなど、他に例を見ない情報量の多さに極めて高い学術的価値がある。(資料提供:佐賀県教育委員会)

動画
k-yaa7.mpg
320×240、 1.83MB

吉野ヶ里遺跡(弥生時代)
全体概要全体概要
吉野ヶ里遺跡
吉野ケ里遺跡は、北部九州有明海沿岸の佐賀平野に位置する弥生時代の遺跡で、脊振山地から平野に突き出した丘陵上に立地する。1989年10月には弥生時代後期のたたずまいが復元されて公開されている。(資料提供:佐賀県教育委員会)